片頭痛の原因とマクサルト|効果の高いマクサルトで片頭痛から解放されよう!

効果の高いマクサルトで片頭痛から解放されよう!

片頭痛の原因とマクサルト

白い錠剤

いつ現れるかわからない厄介な片頭痛が起きる仕組みは、脳内の血管が炎症を起こしたりすることで、血管が拡張されたり腫れたりすることで痛みを引き起こすとされています。
血管が炎症したりして拡張する原因は未だにはっきりしていませんが、ストレスや疲労が蓄積することで起こりやすくなるといわれています。
また、女性は男性に比べて片頭痛持ちの人が多いことから、女性ホルモンの影響もあるのではないかという声もあるようです。

マクサルトは、血管内壁のセロトニン受容体に対して直接働きかけることで、片頭痛の根本的な原因である血管の拡張や炎症を抑えて通常の状態の血管に戻すように働きかけてくれます。
また、マクサルトに含まれているリザトリプタンには、血管を収縮させる効果以外にも三叉神経に作用して脳の血管を拡張させてしまう原因物質が放出されるのを抑える効果や、血管周囲の炎症を取り除くことで腫れを抑える効果もあります。
これらの効果により、片頭痛の痛みを抑えてくれる効果があるのです。

マクサルトは化学構造的にトリプタン系に分類される薬で、従来のエルゴタミン系の薬剤にかわり、この系統が広く使われるようになりました。
トリプタン系の薬には強い痛みに対して有効で、鎮静作用がとても強いという特徴があります。
そのため痛みが起きてから飲んでも十分な効果が期待できますが、対症療法なので頭痛の原因そのものを治すことはできません。
また、マクサルトは頭痛発現時に頓用する急性期治療薬で、予防薬ではないことも覚えておきましょう。
緊張型の頭痛には効果がないので、緊張型の頭痛の際は違う薬を使用するようにしましょう。